国際忍者研究センター

三重大学では、伊賀地域の発展のために、
忍者の歴史や文化を研究し、その成果を発信しています。

三重大学では、伊賀地域の発展のために、忍者の歴史や文化を研究し、その成果を発信しています。

募 集 セミナー開催・講座に関する最新情報

【伊賀再発見】三重大学伊賀サテライト伊賀連携フィールド・三重大学人文学部・上野商工会議所「伊賀連携フィールド市民講座」
忍者・忍術学講座「江戸の忍者 戦国の忍者」

参加費
無料
内容
今期の「忍者忍術学講座」は、「江戸の忍者 戦国の忍者」と題しまして、戦国時代の忍者に特定せず、時代によって忍者がどのように変遷してきたのかを考えてみたいと思います。今期は、三重県域で精力的に研究活動をなさっている先生に加え、東京方面からの先生もお招きいたしました。参加料は無料ですので、是非ご参加ください!

第1回 平成30年4月21日(土曜日)「江戸の建設と服部半蔵・伊賀者」根岸茂夫(國學院大學文学部教授)
第2回 平成30年5月19日(土曜日)「広敷伊賀者と御庭番―隠密御用の実際―」深井雅海(徳川林政史研究所副所長)
第3回 平成30年6月16日(土曜日)「江戸時代の伊賀者―一揆探索の隠密御用―」深谷克己(早稲田大学名誉教授)
第4回 平成30年7月21日(土曜日)「伊賀と甲賀の一揆について」呉座勇一(国際日本文化研究センター助教)
第5回 平成30年8月18日(土曜日)「小天狗清蔵について―その活動と天正伊賀の乱後の復興―」瀧川和也(三重県総合博物館展示交流事業課課長)
第6回 平成30年9月15日(土曜日)「徳川幕府伊賀者の成立と展開」高尾善希(三重大学国際忍者研究センター准教授)

【伊賀再発見】忍者・忍者学講座「江戸の忍者 戦国の忍者」のご案内 9月講座

日時
2018年9月15日(土曜日)10時30分~12時
高尾善希先生「徳川幕府伊賀者の成立と展開」
会場
ハイトピア伊賀3階コニュニティーホール
〒518-0873 三重県伊賀市上野丸之内500
参加費
無料
内容
伊賀出身の忍者は、一般的に「伊賀者」「伊賀衆」と呼ばれています。徳川幕府や諸藩に、彼らがその名で召し抱えられている例があります。今回は、徳川幕府の伊賀者についての話をします。まず、戦国時代、伊賀出身の忍者がどのように活躍したのかということを述べ、つぎに、徳川幕府の伊賀者の制度史的変遷について述べます。もちろん、最初は、伊賀出身の忍者およびその子孫たちが多く在籍していましたが、だんだん、別の家筋の者も登用されるようになっていきました。一面的に語られがちな伊賀者の、多様な姿を明らかにしたいと思います。
講師
高尾善希先生(三重大学国際忍者研究センター准教授)